包茎を治すためときのクリニックの選び方3選

自分の希望が通るところを選ぼう

包茎を治すときの治療法というのは1つではありません。いくつかの種類があって、それぞれ仕上がりが違います。仕上がりというのは、包茎を治した後に残る機能などもちょっと違ってくるのです。治療法が変わると、失う部分とかも出てきたり、残る部分もありますから、治療後にここは絶対に譲れない条件などがある場合もあるでしょう。例えば見た目の問題や感度の問題などは一生関係することなのです。そういう自分のこだわり、希望を実現できる治療法を探してみて、それをやってくれるクリニックを選ぶと良いでしょう。

治療にかかる費用が明白なところを選ぼう

包茎の治療の金額はクリニックによって結構変わってきますが、治療を受ける前にはちゃんと費用を確認しておきましょう。たまにあるのが治療前には言ってなかったのに、治療してみたら、実は余計に費用がかかっていたみたいなことです。治療前に総額でいくらかかるのか?追加で発生する費用のようなものはあるのか?は事前に確認しておいてください。費用のトラブルもたまにあるので、そうならないように念には念を入れておきましょう。そして、費用を確実に断言してくれるところは信頼が厚いと思いますね。

クリニックの運営年数が長いところ

失敗を避けたいのであれば、やはり長く運営しているところは信頼できるはずです。それはクリニックとして、多くの包茎の方を見てきて、かつ治療してきたというデータと経験があるからです。それによって、対処の仕方、治療方法の選定なども失敗が起きづらくなります。開業したてのところと長く運営しているところでは、後者の方がやはり選ばれるでしょうから、それはそれだけ長い歴史を持っていることが信頼のポイントになるということですね。

包茎には真性と仮性、カントンの三種類があり、包皮を剥くことができるのが仮性で剥くことができないのが真性です。勃起時に亀頭が締め付けられるカントンは保険適用で手術が受けられます。