太陽光発電って?もっと知りたいメリットやデメリット!

太陽光発電とは?設置のメリットについて

今とても注目されている太陽光発電とは、太陽電池を使って、太陽の光を集め、それを電力にかえてくれる発電の方法のことです。この太陽光発電の設置の1番のメリットは、光熱費を削減できることです。今流行りのオール電化住宅と組み合わせて、太陽光発電で集めた電力を使えば、その分電気代はタダということになります。そして、太陽光発電で集めた電力が余った場合、電力会社に売ることもできるのです。また、災害が起きて停電になっても、 太陽光発電の電気を供給することができるのです。すごく便利ですよね!

太陽光発電のデメリットは?

太陽光発電は多くのメリットがありますが、逆にデメリットもあります。太陽光発電は、太陽の光をエネルギーとして発電しているため、1番のデメリットといえば、天候や日照時間によって発電量が左右されやすいという点ですね。夜間や、雨の日、曇りの日などは、発電量が低下してしまいます。そして、なんといっても、設置の際にかかる費用がまだまだ高いことです。太陽光発電は、大体5年~10年で初期投資の元をとれる計算です。定期的なメンテナンスも必要となってくるので、これらの点がデメリットだといえます。

自然環境のための太陽光発電!

今、環境のことを考えてあらゆる場面でエコ活動に取り組んでいますが、太陽光発電もその中でも重要視されています。太陽光発電は、太陽の光を直接電力にかえることができるため、発電のための燃料は不要です。なので、温室効果ガスなどを削減することができます。これからの研究がどんどん進み、将来的には火力発電と同じくらいの電力供給ができると言われています。環境にも優しく安全な発電方法なので、デメリットもありますが、トータルで見るとメリットの方が大きいといえるのではないでしょうか。

満足できる太陽光発電を選びたいなら、さまざまなメーカーを比較することが大切です。見積もりを依頼するのも良い方法です。