運動をする事で腰痛の予防と改善をしていこう

運動不足が腰痛を招く

腰は身体を支えるために重要で、脊椎でしか支える事が出来ないため不安定です。腰の回りの椎間板や筋肉や靭帯が、不安定な腰を補っています。運動不足になると、腰の回りの筋肉が衰えて支えきれなくなり腰痛が起こります。運動をすると骨や関節等にも影響を与えるため、骨の場合はカルシウムを定着してくれるのです。運動不足になると骨粗しょう症にも繋がり、こそから腰痛になる事もあります。適度な運動が必要で、特に慢性腰痛の場合は運動療法は有効的です。

筋トレ以外での効果的な運動

運動不足の人がいきなり筋トレを行うのはハードルが高いため、長続きもしないです。このような方には、お勧めは体操です。無理する事なく出来て、ストレッチと筋トレの両方を兼ね備えた効果があるため特に良いです。また有酸素運動も効果的で、ウォーキングや水泳等も腰痛の予防になります。水泳は特にお勧めになり、浮力で体が働くため腰に負担をかけずに出来るからです。予防には毎日1時間のウォーキングが丁度良く、背筋を伸ばして歩くだけで腹筋と背筋が鍛えられます。

改善と予防のためのお勧めの体操

うつ伏せに寝て肘を付いたまま上体を起こして、反らして腰を伸ばします。コアマッスルが働くように、背中とお尻の力を抜くようにします。アキレス腱を伸ばすように両手を壁につけて立って、壁を押しながら腰を反らしていきます。お尻を後ろに反らすと、コアマッスルが働くのです。仰向けに寝て、膝の下を両腕で抱えながら胸に引き寄せます。お尻を浮かせて腰が丸くなるようにして、腰が痛い時はお尻にクッション等をお尻に敷くと良いです。

腰痛の名古屋の定評のある治療院においては、新患に対する丁寧な説明が行われており、カウンセリングの際に治療法を上手く選べます。